会則

日本学校図書館学会 会則

第1章 総則
第1条(名称)
 1. 本会は、日本学校図書館学会(Japan Society of School Library Science : JSSLS)と称する。

第2条(目的)
 1.日本学校図書館学会(以下「本学会」という。)は、学校図書館の役割及び機能の拡充に関する調査研究を通して、学校教育の充実と学校図書館の発展に寄与するとともに、学校図書館理論と教育実践に基づく学校図書館学を構築することを目的とする。

第3条(事業)
 1. 本学会は、前条の目的を達成するために、次に掲げる事業を行う。
  (1) 研究発表大会及び学校図書館フォーラムの開催
  (2) 研究推進校との連携による実践研究
  (3) 共同研究及び研修の実施
  (4) 会報、学会誌及び出版物の刊行
  (5) 国内外の関係情報、資料の収集及び提供
  (6) 国内外の関係団体との協力及び交流
  (7) その他必要な事項

第4条(会員)
 1. 本学会の会員は、正会員、学生会員、賛助会員及び購読会員とする。
  (1) 正会員は、本学会の趣旨に賛同し、所定の会費を納入した者とする。
  (2) 学生会員は、本学会の趣旨に賛同し、所定の会費を納入した者とする。
  (3) 賛助会員は、本学会の趣旨に賛同し、所定の賛助会費を納入した者とする。
  (4) 購読会員は、本学会の趣旨に賛同し、所定の購読費を納入した者とする。
 2. 前号に掲げる各会員の会費の年額及び会員の資格の取り扱いについては、本学会会則第12条に定める通りとする。
 3. 本学会に、名誉会長及び名誉会員を置くことができる。名誉会員は、理事会が推薦し、総会の承認を得るものとする。
  (1) 名誉会長は、会長の任を終えた者とし、その任期は後任会長の退任までとする。
  (2) 名誉会員は、本学会の活動、運営等に顕著な功績が認められた者とする。
  (3) 名誉会長及び名誉会員については、会費を徴収しない。
 4.本学会に若干名の顧問を置く。顧問は、名誉会長を終えた者、及び理事会が推薦し総会の承認を得た者とする。

第5条(事務局)
 1. 本学会の事務局は、東京都内に置く。


第2章 役員及び機関
第6条(役員)
 1. 本学会は、事業を円滑に運営するために、理事を選出し、次に掲げる役員を置く。
  (1) 会長 1名
  (2) 副会長 若干名
  (3) 事務局長 1名
  (4) 事務局次長 若干名
  (5) 第9条第4項に掲げる事務局各部長 5名
  (6) 第9条第5項に掲げる委員会各委員長 5名
  (7) 監事 2名

第7条(理事及び役員の選出)
 1. 理事は、正会員の選挙によって選出する。
 2. 役員は、理事の互選とする。
  (1) 役員の任期は2年とし、4月1日から2年後の3月31日までとする。なお、役員の再任は、これを妨げない
  (2) 役員に欠員を生じた場合は後任者を選出し、その任期は、前任者の残余の期間とする。

第8条(機関の名称)
 1. 本学会に、次に掲げる機関を置く。
  (1) 総会
  (2) 理事会
  (3) 役員会
  (4) 事務局
  (5) 委員会
 2. 本学会に支部を置く。

第9条(機関の構成)
 1. 総会は、全会員をもって構成する。
 2. 理事会は、理事をもって構成する。
 3. 役員会は、第6条に掲げる各役員並びに会長の委嘱した者をもって構成する。
 4. 事務局に、総務部、会計部、情報出版部、渉外部及び広報部を置く。
 5. 委員会に、研究委員会、研究連携委員会、調査委員会、編集委員会及び論文審査委員会を置く。
 6. 本学会に、会長が業務を遂行するために必要があると認めたときは、前項の委員会のほかに委員会を置くことができる。

第10条(機関の活動)
 1. 理事会は、次に掲げる事項について審議し及び決定する。
  (1) 事業計画の立案
  (2) 予算及び決算の立案
  (3) 会則の改廃案の立案
  (4) 役員の人選
  (5) 会則を除く規程の改廃
 2. 役員会は、次に掲げる事項について審議し及び決定する。
  (1) 理事会に提出する議案の企画立案及び整理
  (2) 総会及び理事会において決定された事項の執行の企画
 3. 事務局は、役員会の決定に基づき、担当業務を執行する。
 4. 各委員会は、役員会の決定に基づき、担当業務を執行する。
 5. 監事は、会計監査を行う。
 6. 名誉会長、名誉会員及び顧問は、本学会の運営について助言する。


第3章 総会
第11条(総会)
 1. 総会は、毎年1回開催する。
 2. 総会は、会長が招集する。
 3. 総会は、次に掲げる事項について審議し及び決定する。
  (1) 事業計画
  (2) 予算及び決算
  (3) 会則の改廃
  (4) 役員の選出


第4章 会計
第12条(会費)
 1. 本学会の会員は、年度始めに会費を納入するものとする。
 2. 本学会の会費は、正会員年額6千円、学生会員年額2千円、賛助会員は一口1万円とする。なお、購読会員については、購読費を年額6千円とする。
 3. 前号に掲げる会費納入については、本学会からの納入の催促のあった日を起点にして、満1年を超えて怠っている者の会員資格の取扱いは、本学会の理事会の審議を経て決定する。

第13条(予算・決算)
 1. 本学会の予算及び決算は、監事の会計監査を受け、理事会の審査を経て、総会で決定する。

第14条(会計年度)
 1.本学会の会計年度は、毎年4月1日から始まり3月31日までとする。

第5章 会則の改正
第15条(会則の改正)
 1. 本学会の会則の改正は、総会の議決によって行われるものとする。


附則
 1. 本会則は、平成9年12月 6日から施行する。
 2. 本会則は、平成10年9月12日改正。 
 3. 本会則は、平成12年5月27日改正。 
 4. 本会則は、平成12年9月 9日改正。(名誉会長、名誉会員制度創設)
 5. 本会則は、平成13年5月26日改正。(購読会員制度創設)
 6. 本会則は、平成15年5月24日改正。(情報出版部創設)
 7. 本会則は、平成16年5月22日改正。 
 8. 本会則は、平成17年5月21日改正。 
 9. 本会則は、平成18年5月20日改正。 
 10. 本会則は、平成24年5月19日改正。(事業に研究推進校との連携による実践研究の追加と研究連携委員会の創設、 役員会の構成及び理事会・役員会の活動の改正等)
 11. 本会則は、平成27年5月23日改正。(顧問の要件等)
 12. 本会則は、平成28年5月21日改正。(事業名の変更、理事選出方法及び会費の改定。ただし、会費の改定の実施は平成29年度分からとする。)

日本学校図書館学会 表彰規程

第1条(趣旨)
 本学会は、本学会の創設者である熱海則夫氏から寄贈された寄付金を基金として、学校図書館学の発展充実を図るため、学校図書館に関する優れた研究業績のあった本学会会員に対して、この規程に基づいて表彰する。

第2条(表彰の種類)
 表彰の種類は、次のとおりとする。
  (1) 学会賞 学校図書館に関する特に優れた論文又は実践研究と認められるもの
  (2) 優秀賞 学校図書館に関する優れた論文又は実践研究と認められるもの

第3条(授賞数)
 前条に規定する各賞(以下「各賞」という。)の授賞数は、原則として次のとおりとする。
  (1) 学会賞 毎年度1
  (2) 優秀賞 毎年度1

第4条(審査対象)
 各賞の審査対象は、当該年度から2年度前までの本学会の学会誌「学校図書館学研究」に掲載された論文又は実践研究とする。

第5条(資格)
 各賞は、本学会会員であり、論文又は実践研究の著者に授与する。ただし、著者が2名以上の場合には、その代表者に授与する。

第6条(選考)
 1. 各賞の選考を行うため、本学会に表彰選考委員会を置く。
 2. 表彰選考委員会の委員は、会長が委嘱する。
 3. 各賞の受賞者は、表彰選考委員会の議に基づき会長が決定する。

第7条(表彰)
 各賞の受賞者には、表彰状及び表彰楯を毎年度の本学会の研究発表大会時に授与する。

第8条(基金)
 1. 各賞の表彰に要する経費に充てるために表彰基金を設け、特別会計として経理する。
 2. 表彰基金の原資には、熱海則夫氏の遺族からの寄付金をもって充てる。
 3. 表彰基金の原資には、前項の者以外の者からの寄付金を受け入れることができる。

附則
 この規程は、平成22年5月15日から施行する。ただし、各賞の最初の選考は、本学会の学会誌「学校図書館学研究」Vol.11からVol.13 までに掲載された論文又は実践研究を審査対象とする。

日本学校図書館学会 熱海賞受賞者の記録

2011年度(平成23年度)第1回
学会賞 望月道浩氏 「調べ学習への関わりにみる学校図書館の類型化とその分析―沖縄県内公立小中学校の学校司書を対象とした調査から―」第12巻所収
優秀賞 本田浩子氏 「新学習指導要領の学校図書館機能活用における教科のための実践評価に関する考察-英語科の視点より-」第13巻所収
 
2012年度(平成24年度)第2回
学会賞 小川哲男氏 「教育実践学としての学校図書館の構築」第14巻所収
優秀賞 高原利恵氏 「学習を支える学校図書館-言語活動の活性化と教材研究の支援―」第14巻所収
 
2013年度(平成25年度)第3回
学会賞 該当社なし
優秀賞 杉浦良二氏 「司書教諭免許制度に関する考察」第14巻所収
優秀賞 枝元益祐氏 「教科教育で展開される探究型学習に関する研究-学校図書館活動と教科教育を繋ぐ関連性の再構築を目指して-」第15巻所収
 
2014年度(平成26年度)第4回
学会賞 鈴木 守氏 「学校図書館報のコンクールの考察-静岡県学校図書館報コンクールの事例から―」学会誌第16巻所収
優秀賞 村山正子氏 「各教科の言語活動の基礎となる学校図書館経営」第16巻所収
 
2015年度(平成27年度)第5回
学会賞 該当者なし
優秀賞 矢野光恵氏 「子どもが選択した絵本からみる読書傾向と保育者の教育活動との関連性―A幼稚園年長児の一年間の貸出調査から―」第17巻所収
 
2016年度(平成28年度)第6回
学会賞 該当者なし
優秀賞 該当者なし
 
2017年度(平成29年度)第7回
学会賞 該当者なし
優秀賞 原口るみ氏 「科学的な『読み』を実現する支援の要素に関する理論の構築と実践研究―小学校における「空気」の出前授業と図書の時間連携の理科読事例の分析―」第19巻所収
優秀賞 原田由紀子氏 「松江市における『学び方指導体系表~子どもたちの情報リテラシ―を育てる~』の活用について」第19巻所収
Copyright(c) 2002 日本学校図書館学会 All Rights Reserved.